プリート 脱毛

エステとクリニックの脱毛は何が違う!?

自己処理でなく、サロンなどで脱毛しようと思ったとき、
脱毛サロンやエステサロンなどでの光脱毛と、美容外科や美容皮膚科などでの
レーザー脱毛で迷う方も多いでしょうが、どういった違いがあるのでしょうか。

 

何が違う!?エステの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛

 

ほとんどの脱毛サロンやエステなどで導入されている光脱毛と、
医療機関で導入されているレーザー脱毛は、どちらもメラニンに反応する波長の光を照射することで、
皮膚の内部に埋もれている毛に熱変化を起こすことで脱毛する・・という方法なのですが、
もっとも大きな違いは脱毛機器の照射パワー、つまり出力なんですね。

 

ここでは、この両者の特徴についてご説明したいと思います。

 

脱毛サロンとクリニックの脱毛方法の違いとは

まず、クリニックでは医師によってお手入れが行われるのが最大の特徴でしょう。

 

医師の管理のもとでお手入れを行うことで、レーザーの出力も最大にまで強くできますので、
短期間で脱毛効果が得られるメリットがあります。

 

ですが、その分痛みを感じることが多いですし、お肌への負担もかなり大きいと言われています。

 

さらに、クリニックは医療機関なので初診料や投薬代がかかるのですが、
万が一トラブルになった場合には医師がすみやかに対応してくれるので安心です。

 

いっぽうで、脱毛サロンやエステサロンではエステティシャンによる光脱毛が中心です。
光脱毛というのは、医療レーザーと比べると出力がやや弱いので、お肌への負担も少ないと
言われています。

 

なので、脱毛サロンでの脱毛はできればお肌の痛みや負担を抑えて
脱毛を希望する方にぴったりだと言えます。

 

また、クリニックに比べると安い料金で脱毛できるのもポイントと言えるでしょう。

 

ただ、出力が弱いので脱毛効果を得るためにかかるお手入れ回数がクリニックと比べると多くなります。
脱毛に関しての悩み相談や無料カウンセリングがあるのも脱毛サロンならではのサービスでしょう。

 

お手入れ後のケアも念入りですので、お肌への負担や費用を安く抑えたい方は脱毛サロンがおすすめです。