プリート 脱毛

脱毛したらワキガは治るのか!?

エステでワキの脱毛をすると、ワキガが治るなんて話を聞いたことありませんか?
それとは反対に、ワキを脱毛するとワキガになってしまうという話を聞くこともありますよね。
いったいどちらが本当なのか、ここではその噂の真相について迫ってみたいと思います。

 

脱毛とわきが 脱毛でワキガが治るという噂の真相・・・

 

ワキガの仕組みとは?

ワキガのしくみとは、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の二つがあり、
エクリン腺から出る汗は水分が99パーセントであとは塩分のため、ほとんどにおいがありません。

 

いっぽう、アポクリン腺は白っぽいねばねばした液体です。
この液体には鉄分や脂肪、アンモニアなどが含まれていて液体自体ににおいはないのですが、
皮膚にある常在菌が分解することで、あのいやなにおいが発生するのです。

 

 

脱毛でワキガが治るしくみとは?

なので、毛根組織を破壊することによって毛穴をふさいでしまえば
ワキガを治すことができる・・というわけですね。

 

ただ、毛根組織は単純に毛抜きで抜いただけでは破壊することは不可能です。
光脱毛やレーザー脱毛などを行って機能を低下させたり、組織を破壊することで可能になります。

 

機能が低下したり、破壊されたりすれば、毛根組織から毛が生えにくくなって、
その部分の毛穴がふさがってしまいます。

 

そうなると、そこから余計な皮脂が分泌されにくくなり、
結果的に脱毛を行うことによってワキガが治る・・というわけなんですね。

 

もちろん、脱毛しさえすればワキガが治ってしまうということではありませんが、
ワキガが発生するしくみから考えますと雑菌や皮脂などとアポクリン汗腺から
出る汗が混ざりにくくなるため、においを軽減することは可能だと言えるでしょう。

 

さらに、脱毛によってワキの下を清潔に保てるのでにおいを発生させる原因が
少なくなるので効果的です。