プリート 脱毛

脱毛と毛周期の関係

毛周期って?

脱毛とは、毛周期に合わせたペースにより行う必要があると言われています。
毛周期とは、毛が生え変わる周期のことで、成長初期、成長期、退行期、休止期・・
といった4段階に分けられます。

 

脱毛できるのは成長期の毛だけって知ってましたか?

 

実際に毛が生えているのは成長期と退行期の時だけで、全体の3分の1程度だそうです。
ですので、成長期にあてはまらない毛はすぐに生えてくるため、
1回だけレーザーを当てても毛は完全になくなることはありません。

 

さらに、ハイペースで同じ部分の毛を何度脱毛したとしても藩王する毛がないため、
意味がないことになりますね。

 

つまり、毛周期に合わせたペースによって脱毛を行うことこそが大切だということです。
こういった点をふまえ、どのタイミングで脱毛を行えばいいのか・・についてご説明しましょう。

 

 

成長期に脱毛しないと意味がない!?

毛周期の成長期とは、一言で言うと毛が成長する期間のことです。
成長初期の毛が成長し、毛根がしっかりと深いところまで根付いている状態を言います。

 

この成長期になると、毛は毛穴から顔を出してちゃんと生えているのが確認できます。
成長期は他の期間より長くて3か月から3年程度続くそうです。
ですので、脱毛する際にはこの成長期に行わないと全く意味がないことになりますね。

 

 

まとめ

毛には毛周期というものがあって、この周期の中でも脱毛効果があるのは成長期だけ・・・
ということがお分かりになっていただけましたか?

 

さらに、この毛周期には個人差や部位の差がありますので、
脱毛サロンなどでじっくりカウンセリングしてから行うことがおすすめです。

 

一般的に言われているような毛周期にとらわれることなく、
脱毛後に生えてくる毛の周期をきちんと把握することが大切でしょう。

 

このように、毛周期のことをきちんと理解して、スピーディに効率よく脱毛を行うようにしましょう!